So-net無料ブログ作成

『ALWAYS 三丁目の夕日』 [邦画(ア行)]

「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)(再)★★★★90点
※(再):私が以前に観たことのある作品
監督: 山崎貴
製作: 高田真治、亀井修、島谷能成、平井文宏、島本雄二、西垣慎一郎、中村仁、島村達雄、高野力
プロデューサー: 安藤親広、高橋望、守屋圭一郎
エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司、奥田誠治
原作: 西岸良平『三丁目の夕日』
脚本: 山崎貴、古沢良太
撮影: 柴崎幸三
美術: 上條安里
音楽: 佐藤直紀
音響効果: 柴崎憲治
主題歌: D-51『ALWAYS』
VFX: 山崎貴
VFXディレクター: 渋谷紀世子
照明: 水野研一
装飾: 龍田哲児
録音: 鶴巻仁
出演:
 吉岡秀隆(茶川竜之介、"文学")
 須賀健太(古行淳之介)
 小雪(石崎ヒロミ)
 堤真一(鈴木則文)
 薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)
 小清水一揮(鈴木一平)
 堀北真希(星野六子)
 三浦友和(宅間史郎)
 もたいまさこ(大田キン)
 温水洋一(吉田、自転車屋)
 小日向文世(川渕康成、王手興産社長)
 小木茂光(佐竹、川渕の秘書)
 マギー(丸山、精肉店)
 木村祐一(電気屋)
 ピエール瀧(氷屋)
 神戸浩(郵便配達)
 飯田基祐(中島巡査)
 麻木久仁子(宅間の妻)
 石丸謙二郎(静夫)
 奥貫薫(古行和子)
 松尾貴史(不動産屋)
 益岡徹(劇場支配人)
製作・ジャンル: 日本/ドラマ・コメディ/133分

ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 [DVD]








扇風機の前で声を出して震わせてみたり
冷蔵庫に顔突っ込んだり
子供も大人も無垢だった戦後間もない日本の姿が美しい。

盗作されたアイデアを
小説にしてくれたからと言って喜ぶ純真さにジーンとくる。

高円寺から帰ってきた一平と淳之介。
鈴木オートが一平を殴るより先に淳之介を殴る "文学"、
作者の狙いだと分かっていても、
すっかり情が通じている2人がいいなあと思う。

床に就いた一平が
母が縫い付けておいてくれたお守りに感謝するシーン。
戦争で妻子を亡くしている宅間が
サンタ役を引き受けたことを噛みしめるように喜ぶシーン、などなど。
何気ないが、グッと涙が出てくる場面が満載だ。

私はかねがね、小雪を美人だが幸薄顔だと思っている。
こういう役こそピッタリ。

原作に引きずられてか、
ちょっと漫画チックなのが、時々気になるが
昔の日本を懐かしがるだけでなく
人間の優しさを信じたくなる素敵な作品だ。

縁もゆかりもない人たちの間には愛がある。

最後に皆が見上げる夕日と東京タワー。
スカイツリーができつつある現代、
その先に希望ある未来は見えるだろうか。

残念なのは、
安直な主題歌があっという間に胸の熱さを覚ましてしまうこと。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0