So-net無料ブログ作成

『ハンサム★スーツ』 [邦画(ハ行)]

「ハンサム★スーツ」(2008)★★★☆☆60点
監督: 英勉
企画・プロデューサー: 山田雅子
ラインプロデューサー: 上原英和
脚本: 鈴木おさむ
撮影: 小宮山充、北川聡
音楽: 川口大輔
照明: 保坂温
装飾: 寺尾淳
美術デザイナー: 吉田透
録音: 益子宏明
出演:
 塚地武雅(大木琢郎)
 谷原章介(光山杏仁)
 北川景子(星野寛子)
 大島美幸(橋野本江)
 佐田真由美(來香)
 池内博之(狭間真介)
 本上まなみ(谷山久恵)
 佐々木希(玲美)
 山本裕典(大沢勇気)
 伊藤明賢(沢田)
 住田隆(山田隆夫)
 ブラザー・トム(米沢明)
 中条きよし(白木)
 温水洋一
 伊武雅刀(神山晃)
 黒沢かずこ
 鈴木拓
 日村勇紀
 デーブ・スペクター
 パンツェッタ・ジローラモ
 石田純一
 渡辺美里
製作・ジャンル: 日本/コメディ/115分

ハンサム★スーツ THE TV [DVD]








通販でおなじみの圧縮布団から着想した
と思えるハンサムスーツをめぐるコメディ。

塚地と大島の手が触れ合って、2人が初めてドキッとする瞬間
単純に大笑いできた。

役とはいえ、谷原は恥ずかしげもなくよくやる。
イケメンと俳優の自意識が相当強い証拠だ。

とはいえ、この映画は芸人組の勝利。
大島は、脚本の鈴木による身内キャスティングだが
結果オーライということで。

また、いいところで元春の♪someday♪が流れてくる。
人の幸せを自分の幸せに、という台詞を素直に受け入れられる。

ただやはり、"人は見た目"だと思う。
見た目が不細工なのが悪いと言うのではなく
人は見た目で判断されるし、人格も見た目に表れてくるということ。
造作が相当悪くても"人は見た目じゃない"と言えるのは
それこそ相当性格が魅力的な場合だけじゃないかな。

ま、大島が出てきた時点で
これが北川景子だって分かっちゃうけどね。
笑顔がキーとなる作品なのだから
北川の引きつった笑顔はNG。
もっと演技力をつけることを彼女には期待したい。

パーフェクト版のスーツがカッターごときで脱げるなら
ちょっと怪我しただけで戻っちゃうってことで
全然パーフェクトじゃない。

バイク事故で怪我したのが
塚地の相方ってオチは勘弁してほしい。

佐々木希。
クレジット見るまで知らなかった。

渡辺美里。
あんなもろに顔出しするなら、
パンパンに膨らんだ顔を気にして、少しはダイエットしなさい。

エンドロール終わりでの日村も蛇足。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0